SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】

TOP >> 年齢に応じた転職活動 >> 20代SEの求人探しのポイント

20代SEの求人探しのポイント

システムエンジニアにとって、20代は勉強の時期になります。知識や経験を積んでスキルアップし、30前後でのキャリアップに備える時期です。求人探しについては、なるべくなら幅広い知識を吸収できるところや、入社後の継続的な研修制度が整っているところがいいでしょう。また、待遇面などもしっかりしている方が仕事に集中できます。収入についてはあまりこだわらなくてもいいでしょう。標準的な給料で、残業だなどがしっかり支払われるところならば安心です。システムエンジニアの平均年収は500万円弱です。そこから考えると、20代のうちは300万円後半から400万円代の年収があれば十分です。例えば、IT業界の中でも、メーカー系の企業などでは、例えば年俸が350万円であっても月々の社宅費用などが格安であり、その分を差し引くと実質的に年収400万円をもらっているという場合があります。

待遇面をしっかり見て、標準的な年収を得られるところを見つけましょう。また、「残業代」についても同じです。基本的にシステムエンジニアの仕事は労働時間が長くなりがちです。これはIT業界全体に言えることかもしれません。残業した分にまるまる残業代がつくと、年収350万円のエンジニアであっても、残業代込みの年収は400万円を大きく上回ることもあります。無理に高収入を目指さなくとも、基本的な面で補っていけば十分な年収が得られるのがシステムエンジニアの仕事です。特に待遇面については、福利厚生などを縮小する会社が相次いでいます。それに加えて、年俸制の導入のほか、残業代は毎月一定額を支払うという「職務手当」に置き換える企業が増えてきているという現状です。このために、表面上の年収がそのまま実質に近くなっています。このことも考慮に入れて、収入面について求人を見ていくといいでしょう。

20代において考えるべきは、将来のキャリアアップのためには何をすべきか、ということです。年収をアップさせる方法としては、例えば高いスキルを持っている人が業績の良い会社に移るという方法です。業績が悪いために適正な給料をもらってない、優秀なエンジニアは多く存在します。もう一つは、転職に伴って担当フェーズ、もしくはポジションを変更することです。下流工程の仕事をしてきた人が転職によって上流工程に携わる、あるいはチームリーダーやプロジェクトリーダー、さらにはプロジェクトマネージャにという役職につけば年収はアップします。ですから、スキルと技術を磨くとともに、管理的な立場に立てるよう、自分の業務全体像を常に把握できるようにしましょう。

>>SEの転職サイト人気ランキングを見る<<

TOP

SEの主な転職先一覧

希望条件で求人を探す

SE転職お役立ち情報

年齢に応じた転職活動

地域別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】 All Rights Reserved.