SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】

TOP >> 年齢に応じた転職活動 >> 30代SEの求人探しのポイント

30代SEの求人探しのポイント

システムエンジニアにとって、30代は大きな分岐点となります。通常、システムエンジニアはキャリアアップの時期が20代後半、そして30代半ばにやって来ます。つまり、キャリアアップのまっただ中にあるのが30代なのです。ですから、システムエンジニアのキャリアアップの王道ともいえる道を進んでいくのがベストです。例えば、コンサルタント業界へ移ることは若い人にとって狙い目の分野になります。大手コンサルティングファームのほか、シンクタンク、SIer、さらに老舗のエンジニアリング会社など、人材不足の状態にあって売り手市場です。

20代後半でのコンサルタント業界への転職なども盛んに行われています。30代でのキャリアアップという点では、30代に入る前からすでに戦いは始まっています。30代になってから行動を開始するのではなく、30代の時点でどの位置にいるかを想像していることが大切です。大手コンサルティングファーム系、あるいはその子会社では若手の人材不足に悩んでいることもあり、第2新卒などといったいわゆるポテンシャル採用を数十人人規模で実施しています。大量に若手を採用し、業務の中で人材を一気に育てていこうというものです。このために、中には26歳までであれば経験が少ないエンジニアでも、将来のプロジェクトマネージャーへの成長を加味して、積極採用する動きもあります。若いうちに転職やキャリアアップを目指して行動を開始して初めて、30代になって年収の差が生まれてきます。ですから、30代になってからの転職としては、これまでの経験と希望する企業での業務がかなり密でつながりのあるものでなければいけません。同業他社において高い役職、あるいは希望の役職に就くなどといった転職方法もいいでしょう。

また、逆にどんどん成長をしていく人は、30代でも積極的に転職を行っている場合もあります。当然、経験やスキルはもちろんのこと、新たなことを学ぶ貪欲さ、向上心、積極性が求められます。30代の転職となると、求人数も20代向けのものと比べて減ってきます。ただ、それはあくまで一般的な求人サイトの中であって、非公開求人などを見ると、即戦力の人材をすぐにでも採用しようという企業がたくさんあります。非公開求人はやはり、転職サービス、あるいは転職エージェントなど専門的なサービスを利用するのがベストです。システムエンジニアの年収を見た場合、30代で目指すべきは、やはり平均値である500万以上でしょう。上を望む人は、600万から700万の年収を目安に求人を探すのもいいでしょう。

>>SEの転職サイト人気ランキングを見る<<

TOP

SEの主な転職先一覧

希望条件で求人を探す

SE転職お役立ち情報

年齢に応じた転職活動

地域別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】 All Rights Reserved.