SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】

TOP >> 年齢に応じた転職活動 >> 40代SEの求人探しのポイント

40代SEの求人探しのポイント

一般的に言って、転職は20代、あるいは30代の前半で最もさかんに行われるイメージがあります。システムエンジニアにとっても、やはり20代での転職が最も数が多いようです。順当なキャリアアップ、あるいはスキルアップが目的の転職ならば、20代の後半までに行うべきという声も聞こえます。また、経験を生かして年収を一気に上げるのは、30代での転職になります。自分のスキルと会社の規模があっていない場合、同業他社で今より高い役職を求める場合など、転職して年収を100万円単位でアップさせる例も少なくありません。こうなると、40代の転職というのは自然と数が少なくなってきます。しかし、転職を成功させている人がいるのも事実で、むしろ転職をしての満足度は他の年代よりも高いといえるでしょう。というのも、高年齢での転職は、企業が求める人材と、希望者の求める環境がかなりの高いレベルで実現しなければ、成功しないからです。

逆に考えれば、高いスキルをもった即戦力の人材ならば、転職後に高い役職につき、リーダーとしてすぐに業務にあたることができます。特にシステムエンジニアの平均年齢は低く、業界も若いこともあって高年齢の経験豊富な人材を求めている企業は他の業界とくらべて高い割合にあります。変に難しく考えたり気構えたりせず、冷静に自分のスキルを客観視し、マッチングできそうな企業はないか探すのがベストです。求人の全体数が少ないぶん、マッチする求人の割合はむしろ高いかもしれません。近年の業界の特徴について触れてみると、景気回復がありさらには団塊世代の大量退職も経ました。社会構造が大きく変化しており、現在もその傾向はあるので、積極的なエンジニア採用を進めている企業が目立ちます。その効果については40代にも広がっていると見ていいでしょう。若手の積極採用を経て、システムエンジニアは若手中心の構造になっています。

また一方で、20代後半のエンジニアでも、年齢の割に経験が少ないなどといった傾向があり、そのために、例えばリーダーやマネージャー職につく人の年齢を、高めにシフトさせています。したがって、管理職の年齢もシフトすることになっています。企業が40代に求めるスキルについては、進捗、予算、メンバーの指導など、包括的なマネジメント職であります。その一方で、要件を満たす人材がなかなか転職市場に出てこないという事情があります。これはある意味で狙い目であり、現在30代後半の人は、いまからでも遅くないので、管理的な業務について意識的に取り組みましょう。また、比較的年齢を高めに設定している職種も存在し、例えば通信業界のネットワーク系職種があります。30歳前後ではPL職、PMならば40代での求人も見られます。

>>SEの転職サイト人気ランキングを見る<<

TOP

SEの主な転職先一覧

希望条件で求人を探す

SE転職お役立ち情報

年齢に応じた転職活動

地域別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】 All Rights Reserved.