SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】

TOP >> 年齢に応じた転職活動 >> 50代SEの求人探しのポイント

50代SEの求人探しのポイント

50代のシステムエンジニアの求人は、システムエンジニアの業界に限った話ではありませんが、管理者として仕事をされることが当たり前になっています。これは、現場で働く方は30代や40代とくらべると圧倒的に少ないということです。現場での仕事というのは、例えばプログラミングをしたり、お客さんのサーバー室においてサーバーやネットワークの構築するといった業務です。50代で、このような現場で働いている方ももちろんいます。割合として低いというだけで、自分のスキルに特化して現場の仕事を長く続けてゆく事も可能です。ただ、当然ながら、若い人と比べて、キルや経験などの付加価値を有している人材が求められており、転職をする場合にはそれが絶対条件になるでしょう。

また、管理者としての採用を見てみると、例えば大手のIT企業において、50代の方が子会社の管理者として再雇用されるケースが見受けられます。また国内だけでなく国外に目を移すと、年齢の高い方が現地で管理者、あるいは教育係として求められているケースがあります。その場合、ネックとなるのは語学です。仕事は現地で若い日本人の社員と共にチームとして派遣され、若手の日本人社員のまとめ役という職務に就きます。言葉の部分は若手社員が行い、チームやプロジェクトの統括役として業務にあたることもあります。また、もう一つ、高齢になってからの転職として、新たな道へ進む方がいます。例えばベンチャー企業へ移ってみるとか、独立をするといったものです。ベンチャー企業では経験者が求められています。特に少人数でのベンチャーでは、いかに人材を集めるかがカギであり、社員が全て重要なポジションに就き、会社を動かしていくことになります。高年齢になってからのベンチャーへの転職はリスクがありますが、ベンチャーイコール不安定ということはありません。転職エージェントなどでは、ベンチャー企業の中でも将来性の明るい企業などを把握できているものです。経験者を求めているベンチャー企業にとっては、年齢よりも経験重視です。

また、中小企業などでは、年齢に関わらず、現場で働ける経験豊富な人材を求めている場合があります。中小企業では人材を大切にして長く働ける環境があるので、生涯現場でシステムエンジニアとして活躍したい方には、むしろ最適な環境かもしれません。高齢になってから、キャリアや収入でなく、あえてやりがいを求めて転職する方も増えています。思い切った気持ちをもちつつ、専門の転職サービスなどでしっかり計画をたてましょう。

>>SEの転職サイト人気ランキングを見る<<

TOP

SEの主な転職先一覧

希望条件で求人を探す

SE転職お役立ち情報

年齢に応じた転職活動

地域別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】 All Rights Reserved.