SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】

TOP >> 地域別の求人事情 >> 広島のSE求人事情

広島のSE求人事情

広島は中国地方において拠点の都市で、特に支店経済都市として日本でも有数です。業界で言うと自動車メーカー・マツダの拠点であることが知られています。広島市には大手企業の支店が軒を連ねています。同じく支店経済都市として有数の福岡の存在も大きいです。福岡と合わせて、西日本におけるIT系集積地を形成しつつあります。このため、東京などの大都市にはかなわないものの、今後の成長度で言えば国内でも最も期待できる都市と言っていいでしょう。特に福岡都の関連で、韓国や中国などのアジア拠点へアクセスが容易であるため、アジア市場を望んでのIT拠点という特徴を持っています。経済についてもう少し見ていくと、瀬戸内工業地帯の存在があり、戦時中の軍事工業からの流れで、いわゆる「重厚長大」の工業地帯となっています。

これに関連して、「工場にはなかなかシステムが入りづらい」という声が聞こえます。地場のITベンダーの商売の難しさがあるというわけです。支店経済であることとこの地元企業の苦戦が、広島のIT業界の現状と言えるでしょう。首都圏に住むシステムエンジニアが、地方への転居を希望しての就職などは別として、中国地方のシステムエンジニアにとっては、まずは広島から求人を探すというのは自然の流れであり、十分な数の求人を期待していいでしょう。海外経験を積むことを考えて、あえて首都圏から移るということも考えられます。アジア圏へのIT企業の進出は、現地で一からプロジェクトを立ち上げるのが一般的です。プロジェクトの初期から携わり、自分たちの力でプロジェクトを押し上げていくような、ダイナミックな経験がしたい方には、むしろ穴場かもしれません。一方で、中国資本の流入が起こっているため、それらとの差別化をはかるためにより付加価値の高いサービスを提供しようという動きも見られます。

また、広島市は学園都市ということもあり、大学などと連携した人材育成の動きなども見られます。システムエンジニアからすると広島はやはり発展途上であり、今後の成長が期待できる都市です。また、広島県のIT業界について先述したとおり、ゼネコン体質の下請け構造という問題を抱えています。マツダの企業城下町という利点はありつつも、支店経済であり、大口ユーザーについてはシステム構築を東京にある大手ベンダーに発注している現状があります。こうしたなかで、大手ベンダーへの対抗策として、よりニッチなソフトを手がけるなどといった動きが見られます。

>>SEの転職サイト人気ランキングを見る<<

TOP

SEの主な転職先一覧

希望条件で求人を探す

SE転職お役立ち情報

年齢に応じた転職活動

地域別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013 SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】 All Rights Reserved.