SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】

TOP >> SE転職お役立ち情報 >> 転職時の面接対策はどうする?

転職時の面接対策はどうする?

転職の際に重要になるのは、面接です。特に中途採用の場合は、筆記試験もありません。面接でいかにコミュニケーションをとり、自分の意思を伝え、お互いのマッチングを図るかが採用の決め手となります。とは言え、面接は履歴書やそこに書かれている志望動機に基いて行われます。転職の準備や応募の時点から、面接を意識しておくのが大切です。自分の希望とマッチした企業を探す意味でも、また採用されるためにも、企業についての情報収集が大切です。せっかく転職に成功しても、自分の希望していた業務ができなくては困ります。あるいは後になってより希望にあった企業が見つかれば、せっかくの転職が台無しです。人生において、転職はそう何度もするものではないでしょう。

現在の会社に入社する時以上に、転職は人生のターニングポイントとなるのです。希望の会社が見つからなかったら、とりあえず今すぐ転職するのはやめておこうというくらい、慎重に行った方がいいです。情報収集については、企業サイトの採用案内のほか、求人広告を見るのが基本です。しかし、それはあくまで参考程度にしておき、実際に活動を始める際は、しっかりした転職サービスを利用するのをおすすめします。特に転職のプロが集まるエージェントサービスなどは、無料で手厚いサポートを受けられます。情報収集の点でも優れています。そして、面接では、かなり踏み込んだ質問をたくさんされるものと考えた方がいいでしょう。これがいわゆるマッチングと関係してくるところです。特に、人気のある業界、例えばコンサルタント会社の面接などは「厳しいツッコミ」が来ることで有名です。第一に、前職でどのような経験を積んできたかが大切ですが、それ以上にあらゆる面で「理由」を聞かれます。

「なぜ転職を希望したか」「なぜコンサルタント業界なのか」「過去のプロジェクトについて、どうやったらより改善できるか」などです。特に、曖昧な答えをした際には「どうして」「なんで」「具体的に」「もしこうだったら」などと、質問が嵐のようにとんできます。つけ焼き刃では対応できないのが理解できるでしょう。このような厳しい質問に対応するには、やはり基本は自問自答です。自分は本当に新たな職場で働きたいのか、現在の職場でもできるのではないか、他に可能性は無いのか、他の選択肢は考えたのか、といった具合です。これらのことについて厳しく突っ込まれても、それでも転職がしたい意思をしっかり伝えられるかを考えましょう。

>>SEの転職サイト人気ランキングを見る<<

TOP

SEの主な転職先一覧

希望条件で求人を探す

SE転職お役立ち情報

年齢に応じた転職活動

地域別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】 All Rights Reserved.