SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】

TOP >> 希望条件で求人を探す >> 年収1000万円以上のSE求人なら

年収1000万円以上のSE求人なら

システムエンジニアが年収1000万円を目指すには、どのような方法があるでしょうか。システムエンジニアは全国に60万人ほど存在すると言われています。そのエンジニアの平均年収は500万円強となっています。あらゆる業界を含めた給与所得者の平均年収については400万円弱であり、システムエンジニアの年収は決して低いものではありません。しかし、年収1000万円以上のエンジニアとなると全体の実に3%ほどとなっており、非常に少数であることがわかります。ただ、どのようなエンジニアが1000万円を稼ぐかは人材コンサルタントなどの情報を見るとわかります。

年収1000万円というのは、コンサルタント職、プロジェクトマネジャー、あるいはプリセールスといったエンジニアにほぼ限定されているようです。ここで参考として、エンジニアの順当なキャリアパスについて見て行きましょう。まずはプログラマーからより幅広い業務を担当するシステムエンジニアになり、そこからコンサルタント、プロジェクトマネージャ、そして社内ISマネジャーといった、大きく分けて3つの職種に分かれていきます。キャリアパスはこのように決まった形になっていても、昇進したからといって全ての人が年収1000万円を達成できるわけではありません。特に若いうちは、慎重に会社を選ぶことが、高収入を得るのに重要となっています。若いうちは将来のキャリアアップのためにも、エンジニアとしての基礎を固める期間となります。そのために、教育制度がしっかりしている企業に入るのがおすすめです。そのように考えると、自然とおすすめとなるのは一定の規模のSIerやシンクタンク、あるいはコンサルティング会社などが無難となります。

ただ、ここで注意したいのは、コンサルティング会社といってもいろいろあり、中にはビジネス色が極端に強く、プログラムなどの経験をあまり積めない企業があります。将来の収入アップ、キャリアアップを考慮した上での企業選びが肝心というわけです。さらにポイントとしては、業界や分野に特化した経験の蓄積が大切ということです。特にこれは転職の際などに力を発揮し、金融、あるいは経理や物流などといった特定分野に特化し、その道のプロになれば、エージェントサイトなどに登録した際にかなりの力を発揮するようです。キャリアアップを目指すには、入社後も業界の研究を行い、どのような人材が求められるかを考えて行く必要があるのです。年収1000万円に向けて、いろいろな情報源を活用しましょう。

>>SEの転職サイト人気ランキングを見る<<

TOP

SEの主な転職先一覧

希望条件で求人を探す

SE転職お役立ち情報

年齢に応じた転職活動

地域別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】 All Rights Reserved.