SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】

TOP >> 希望条件で求人を探す >> 年収500万円以上のSE求人なら

年収500万円以上のSE求人なら

システムエンジニアの年収の平均値はどれくらいでしょうか。システムエンジニアという職業は、プログラマと混同されがちです。システムエンジニアは情報システムの設計から構築、運用までを業務範囲とします。日本では特に、企業情報システムの開発という側面が強く、それに携わるものとなっています。プログラマについては、システムの構築のみを担当しています。エンジニアは言わば、システムの管理者、まとめ役といったところでしょうか。専門性が高く、企業の情報システムには欠かせない人材とあって、その需要は非常に大きいです。近年のシステムエンジニアの平均月収については40万円弱、推定される平均年収については、ボーナスを含めて500万円強となっています。過去の収入の推移を見ても、500〜550万円前後での推移となっています。

月収ベースにすると、やはり40万円弱といったところです。平均値から推測すると、システムエンジニアが年収500万を達成するのは、企業の中で経験を積んでいき、順調に昇給を重ねれば、30代前後となるでしょう。システムエンジニアになるにあたっては、特別な資格はありません。また、独占資格もなく、基本的に企業間の民間競争に委ねられている業種です。そのために、エンジニアは自主的にスキルを上げていく必要があります。独占資格がない一方で、スキルアップや企業内地位のアップをするための各種資格が多数あり、仕事をしながら資格を習得していく人も多いです。このような事情から、システムエンジニアは全体として、勉強熱心な人が多くなっています。従って、500万円を達成したのち、さらに上を目指すか、あるいはそのまま安定志向で進むかで、事情は変わってきます。さらに上を目指す場合には、転職を重ねてより条件のいい企業に移る方が多いです。技術があれば重宝される仕事であり、業界自体が若く、ベンチャーも多数あるので、転職が盛んな職種と言っていいでしょう。

安定志向の場合は、職業はエンジニアのまま、安定した業界に移るという方法があります。例えば医療関係やインフラ関係の企業において、社内システムエンジニアとして採用されれば業務内容も幅広く、ウェブ担当として責任の多い役割を任せられます。雇用条件も良く人気があります。堅実に500万ほどの年収を目指し安定した雇用条件を求めるならば、社内SEはがおすすめです。逆に、孫請け企業のSEなどになると500万は達成できても、激務であるなど雇用条件には問題がある場合もあります。

>>SEの転職サイト人気ランキングを見る<<

TOP

SEの主な転職先一覧

希望条件で求人を探す

SE転職お役立ち情報

年齢に応じた転職活動

地域別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】 All Rights Reserved.