SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】

TOP >> 希望条件で求人を探す >> 年収600万円以上のSE求人なら

年収600万円以上のSE求人なら

システムエンジニアという職業において、年収600万というのは一つ目の壁です。と言うのも、エンジニア業界の平均年収が500万円強であり、例えば中堅企業で年齢を重ねていけば、十分に達成できる金額です。しかし、そこから上に行くには、社内で管理職を目指すか、あるいは給与水準の高い大手などへ転職する必要があるからです。中小企業において年収600万円となると、残業を多くこなしたり、休日出勤もするなど、少々無理をする必要があるでしょう。現実的な年収アップの方法としては、一つの企業で経験とスキルを積み、転職を考えるのがいいでしょう。エンジニア業界は転職が盛んであり、自主的な努力でスキルと経験を身に付け、あるいは資格を取得し、キャリアアップする人が多いです。年収アップについては、いくつかパターンがあるようです。

一つは、高いスキルを持っているが、業績の悪い会社にいるために年収が低いという人です。この場合は、転職エージェントなどの信頼出来るサービスを利用し、堅実な転職をするだけで、すぐに年収が100万円ほどアップすることも可能です。むしろ、収入がアップするというよりも、適正年収に戻す、と考えた方がいいでしょう。その他、同じ転職でも、担当、あるいはポジションの変更を目的とした転職によって、収入をアップさせることが可能です。わかりやすいのは、下流工程の仕事をしてきた人が、転職によって上流工程に携わる、もしくはチームリーダーの人がプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャなどをめざして転職すれば、確実に年収はアップします。小規模な開発案件を請け負っているシステムインテグレーターが、大規模案件を手掛ける大手コンサルティング会社へ転職すれば、自然と収入はアップします。

このような大手コンサルティング会社などは、人気のある企業のために、転職のハードルは低くはありません。ある業務分野に特化した人材、あるいは規模の大きいプロジェクトに関わってきた経験などを持っていると、転職の際に有利になるようです。このように見ていくと、システムエンジニアが年収600万円を目指す方法としては、適正年収に戻す、つまりは収入の底上げが一つ。そして、担当やポジションを高いものへ変更するというのが2つ目です。これらの年収アップ方法は、スキルや経験をアップさせることと等しいです。お金以外にも意欲とやりがいを向上させる意味でも、転職について真剣に考えてみてはどうでしょうか。

>>SEの転職サイト人気ランキングを見る<<

TOP

SEの主な転職先一覧

希望条件で求人を探す

SE転職お役立ち情報

年齢に応じた転職活動

地域別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】 All Rights Reserved.