SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】

TOP >> 希望条件で求人を探す >> 年収800万円以上のSE求人なら

年収800万円以上のSE求人なら

システムエンジニア職で年収800万円を目指す場合、平均年収について見ていくとわかりやすいです。若いうち、特に20代などでこの年収を目指すこともできますが、それはかなりの高収入になります。より現実的に考えると、キャリアの中でも働き盛り、30代後半あたりで達成することは、十分可能です。ただ、30代の後半で800万円というのも、平均値以上であることには変わりありません。明確な目標と計画性をもって、初めて達成できる年収であります。システムエンジニアにとって、まずは30歳前後でキャリア選択が始まります。5年後、10年後といった未来を考えた際に、どのようなキャリアを目指すかにより、年収格差が生まれてきます。キャリアアップについても、社内でマネージャなど管理職としてのキャリアアップを目指すのか、あるいはフリーエンジニアとなり、とことん専門性を高めていくのかを考えたいです。

一般的に言って、社内でのキャリアアップは会社の規模にも影響を受けます。仮にうまく昇進できたとしても、年収にそれほど変化がないことも考えられます。その反面、ずっと同じ組織に属することで得られるメリットもあるでしょう。転職を含めてのフリーとして専門性を高めていく場合には、人一倍の努力が必要ですし、当然ながらリスクも伴います。これらの要素を考慮しつつ、どちらのキャリアで進んでいくか考えるべきです。エンジニアの平均年収の内、30代後半で700万円というのが目安になります。800万円にはあと少しといったところです。仮に現在の職場で700万を達成した時、そこからさらに100万円上乗せのために自分がどれだけ頑張れるかをよく考えましょう。

人間関係や職場環境を考慮して、現在の職場を離れる必要があるのか。そういったことを考えて行きましょう。転職は何も、より待遇のいい企業、あるいは社会的に見てレベルが上の企業を目指すことだけが目的ではありません。現在の会社と同レベルの企業でも、現在の役職よりも上の役職につくことを目指しての転職もあるわけです。例えば、部長職になると平均年収は1000万近くにもなります。また、システム・マネージャではちょうど800万円ほど、課長職やプロジェクト・マネージャならば800万円弱となっています。同程度の企業間でより上の役職に移ることができれば、それも立派に転職成功と言えるわけです。実際、実力と役職が見合っていないエンジニアの方は多いようです。自分が業界の中でどれくらいの位置にいるかを確認すれば、自ずと年収の適正化が達成されるわけです。

>>SEの転職サイト人気ランキングを見る<<

TOP

SEの主な転職先一覧

希望条件で求人を探す

SE転職お役立ち情報

年齢に応じた転職活動

地域別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】 All Rights Reserved.