SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】

TOP >> 希望条件で求人を探す >> スキルアップできるSE求人なら

スキルアップできるSE求人なら

システムエンジニアのスキルアップの例としては、例えばSEから総合系ファームなどといったITあるいは業務コンサルタントへの転職があります。特に、コンサルタントに転職しやすいシステムエンジニア職としては、上流工程に強いシステムエンジニアがあります。システムエンジニアとして、5年ほどの経験をしっかり積んで、ちょうど30歳の手前で転職するというのがベストです。IT全般、あるいはプロジェクトマネジメントに強いとなると、IT系のコンサルタントとしての道が開けてきます。また、多くの経験を積むには、幅広い業務に携わる必要があります。この点に注目すると、例えばベンチャー企業、あるいは社内SEといった選択肢が出てきます。

ベンチャー企業については、少人数で会社を動かすところなどは、個々の社員が業務においてかなり重要なポジションに就き、大きな仕事を全員で動かしていくことになります。また、社員同士のつながりが密ですから、その分知識やスキルなども幅広くなっていきます。社内SEについては、各企業のIT担当として、幅広い業務を任せられます。顧客との接点も多く、管理者、リーダーとしての経験が積めます。その他、社内でマネージャー職を経験しておけば、コンサルティング業界などといった、他業種への転職の道もひらけます。スキルアップについては、同業他社へ転職して、現在よりも高い役職、特に管理職に就くという方法もあります。これは自分の実力に見合った役職を求めての転職となります。スキルアップについては、その企業の組織にも影響を受けます。細分化された組織では、特定の業務に縛り付けられ、雇用として安定性はあっても、経験を積むことができない場合があります。この場合、仮に役職を上げても、担当する業務は同じであり、いつまでたってもスキルはアップしません。また、仕事とは別に資格の取得などを自主的に行い、スキルアップを図る人も多いのがエンジニア業界です。

資格を取得する上で考えておくべきことがあります。資格があれば転職の際に有利になるということより、実際の業務でどのように資格を活かすかについて考えるべきということです。スキルアップのための転職の際には、情報収集がまずスタートになります。求人サイトなどを見てから、転職エージェントなどの専門サービスを利用してみるといいでしょう。その際には、スキルアップを目的とした転職を希望していると伝えましょう。システムエンジニアの方は、転職を複数繰り返す人も多く、その過程でスキルアップのための転職を挟む人も多くいます。

>>SEの転職サイト人気ランキングを見る<<

TOP

SEの主な転職先一覧

希望条件で求人を探す

SE転職お役立ち情報

年齢に応じた転職活動

地域別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】 All Rights Reserved.