SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】

TOP >> SEの主な転職先一覧 >> ハードウェアメーカーへ転職

ハードウェアメーカーへ転職

システムエンジニアの転職先として、ハードウェアメーカーについて見ていきましょう。ハードウェア業界について、例えばゲーム機について見ていくと、国内メーカーの総出荷額のうち、半分以上が海外向けの出荷が占めています。1兆円規模の市場を形成しており、主な企業としては任天堂などがあります。任天堂などの海外展開を考えると、海外売上高比率の方が大きいことがよくわかるでしょう。このように、大手企業にとっては、グローバル市場における売り上げが、業績を大きく左右するといった状況です。ハードウェアの製品については、04年のニンテンドーDS、プレイステーション・ポータブル、05年のXbox360、06年のWii、プレイステーション3などが立て続けに発売され、ゲーム機の業界は活況を呈していました。

しかしながら、これら新ゲーム機の普及についてはすでに一巡しております。そして、07年以降については、注目度の高い新ハードが登場していません。その原因の一つとして考えられるのが、携帯端末向けゲームの成長です。国内では、プロ野球にも参入して知名度をどんどん高めているディー・エヌ・エーが有名です。当社が運営する「モバゲータウン」を始め、グリーが運営する「GREE」など、いわゆるソーシャルゲーム市場が近年において急成長しています。手軽に楽しめる無料ゲームに加えて、SNSなどのコミュニティサービスと連動させたゲーム、さらには、広告だけでなくゲームアイテムの販売収入を得るという、新しいビジネスモデルが確立されました。その他、グローバル市場に目を移すと、iPhoneやiPadなどのモバイル端末で利用できるアプリによって、ゲーム配信が拡大していきました。これはまた、Android携帯でも同じことが言えます。ハードウェアのうちゲーム機に注目してみると、業界全体の流れがわかりやすいと思います。

ハードウェアの中心はモバイル端末へ移行しており、従来のハードウェアの立ち位置が脅かされています。その一方で、業界は移り変わりが早いために、現在好調のモバイル機器やそれと関連したサービスが、今後も同じように中心に居続ける保証はないのです。ハードウェアと言えば、パソコンの形態も大きく変化しています。デスクトップの売上は減少し、ノートパソコンの中でもウルトラブックなどの薄型の高性能パソコンに勢いがあります。移り変わりの早い業界においては、ゲーム機器、パソコンなど、大雑把な分類をして、幅広く業務に対応できるような技術をみにつけるべきでしょう。転職エージェントなどでは、業界の流れを把握し、キャリアアップを積むことのできる企業などを見つけるのに便利です。入社後のフォローも手厚いので、動きの早いハードウェアメーカーの転職の際には力になります。

>>SEの転職サイト人気ランキングを見る<<

TOP

SEの主な転職先一覧

希望条件で求人を探す

SE転職お役立ち情報

年齢に応じた転職活動

地域別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】 All Rights Reserved.