SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】

TOP >> SEの主な転職先一覧 >> ITベンチャー企業へ転職

ITベンチャー企業へ転職

システムエンジニアの転職先として、ベンチャー企業があります。ベンチャー企業のイメージは、どのようなものでしょうか。少人数で革新的な事業をするといったイメージでしょうか。また、日本ではベンチャーが育ちにくいなどといった話を聞いたことがある方がいるかもしれません。IT系は業界として若いこともあり、ベンチャーは他の業界とくらべて盛んです。また、ある意味で国境を超えた業界、グローバルに活躍できる業界であるために、日本の文化に囚われず、特にアメリカの起業家精神の影響を受け、ベンチャーが育ちやすい環境があります。また、実際にバンチャー企業に勤めた場合、社員ひとりひとりが幅広い業務に携わることができます。大きな仕事を少人数で行うというのもその理由ですが、規模の大きいベンチャー企業でも、個々の社員が担う役割は大きくなっています。ベンチャーはフラットな組織であり、年齢や役職に囚われず意見を言い合える、密なコミュニケーションがとれる環境ができています。

そのために、末端の社員の意見が中心プロジェクトに取り入れられ、結果プロジェクトの成長に大きく貢献することなども多くあります。そして、結果を出せば、それが待遇面に直結するというのも魅力です。ベンチャーへの転職をした人の話を聞いてみると、年功序列の体制、あるいは細分化された業務体系などに不満を感じ、やりがいやキャリアアップ、あるいはスキルアップの面からから将来に不安を覚え、転職を決意したという方がいます。何となく転職という考えが頭によぎったものの、いきなり会社をやめるのはリスクが高いと感じ、とりあえず転職エージェントサービスに登録をしつつ、仕事を続けていったそうです。サービスの利用を始めた時は、社内でプロジェクトに参加していましたが、プロジェクトチームがうまく機能していなかったそうです。

エージェントサービスに登録した所、自分の市場価値を知ることが出来、現在よりもやりがいのある会社、あるいは条件のいい会社への転職可能性があることを知ったそうです。システムエンジニアというのは、自分がどれくらいの位置にいるのか、なかなかわかりにくいものです。特に、細分化された組織の中で特定の業務に従事していると、全体の中での自分の位置を見失いがちです。現在の仕事をこなしつつ、転職の可能性を探っていくには、便利なサービスを利用して、まずは自分がどれくらいの位置にいるのか、客観視してみるのもいいかもしれません。

>>SEの転職サイト人気ランキングを見る<<

TOP

SEの主な転職先一覧

希望条件で求人を探す

SE転職お役立ち情報

年齢に応じた転職活動

地域別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】 All Rights Reserved.