SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】

TOP >> SEの主な転職先一覧 >> 通信系企業へ転職

通信系企業へ転職

システムエンジニアの通信業界への転職について、その実例を見て行きましょう。多くのエンジニアは、大学卒業後にエンジニアとしての経験を積んでいきます。また、傾向として、他の職種に比べて転職が多くなっています。今やIT技術はあらゆる分野で利用されているので、業界をまたがって転職ができます。システムエンジニアという技術を軸に、自分にあった業界を探していくというわけです。しかし、業種がたくさんある中で、その浮き沈みも激しいのが特徴です。将来性などを考えて、企業も自分もより成長できる業界をめざしていきましょう。

この場合、役に立つのはエージェントサービスです。一般的な転職では、個人が求人を検索し、応募をするといった方法がオーソドックスです。しかし、エージェントサービスは言ってみれば求人の応募とは真逆です。エンジニアが自分の職歴やスキルといった情報を公開していき、それを見て企業の側からオファーを出すという形になります。実際、自分で求人を検索する場合と違って、自分のスキルや経験を求めている企業がオファーをくれるので、第一に転職の際の時間の効率化につながります。自分が多くのエンジニアの中でどのような位置にいるのかも、しっかり把握できます。

通信業界への転職について成功させた方の話を聞くと、通信業界の強みに興味をひかれたという声があります。通信業界は例えば日本を見ると、大手の通信会社が独占している印象があります。しかし、例えば携帯電話の通信について見ると、新規参入が盛んになってきたのがわかります。特に海外の通信会社は、格安路線などで日本の大手の独占に風穴を空けることができます。特に、転職の際に注目すべきなのは、今後の事業展開です。海外市場の開拓など、新規事業の開拓が盛んな企業などは、今後の成長も見込めます。

また、新規事業が盛んならば、大きなプロジェクトに参加して、貴重な経験を積むことができます。新しいスキルを身につけるのにも役立つでしょう。事業の開発プロジェクトに関われば、プロジェクト全体の予算管理、スケジュール管理などといった業務もすべて任されるため、責任の大きな仕事ができ、やりがいもあります。また、海外経験を積めば、言語能力も自然と広がっていき、今後のキャリアアップにも大きく影響してきます。通信業界への転職は、安定を志向して国内の大手にするか、あるいは海外資本の日本参入を狙う企業か、国内から世界へ向けて事業展開している企業にするか、いろいろな選択肢があるわけです。

>>SEの転職サイト人気ランキングを見る<<

TOP

SEの主な転職先一覧

希望条件で求人を探す

SE転職お役立ち情報

年齢に応じた転職活動

地域別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】 All Rights Reserved.