SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】

TOP >> SEの主な転職先一覧 >> 金融系IT企業へ転職

金融系IT企業へ転職

システムエンジニアの、金融系への転職について見て行きましょう。金融系のシステムエンジニアの仕事内容は、基本的に、金融機関に必要なリスク管理、そのためのシステムを開発することです。従って、当然ながら金融に関する専門用語のほか、専門知識に精通しておかなければなりません。加えて、お客様と接する場面も多くなります。エンジニアの中でも、専門的、あるいは他業種の要素が強くなっており、全体として金融業界の業務について多くの知識が求められる仕事です。金融系のシステム開発については、多くの開発者によって共同作業で行われます。

したがって、金融系システムエンジニアに必要なものは、技術的なスキルよりも、むしろコミュニケーション能力となってきます。先述したように、お客様と交渉したり、あるいは担当者同士での対話など、積極的にコミュニケーションを取りながらの業務になるため、いわゆる折衝力を持って、円滑に仕事を進めることが重要です。とは言え、コミュニケーション能力と一口に言っても、実際の業務をしてみなければ分からない部分が多いです。従って、本格的に転職を考える前に、情報収集を行うのが必須です。求人サイトで実際の求人を見たり、あるいは転職経験者の話、実際に金融系IT企業で働いている人の話を聞くのが一番です。転職の際にはエージェントサービスなどがあります。エージェントサービスでは、転職後1年ほどの間、継続的なフォローを受けられます。従って、エージェントサイトを通じて実際に働いている人の話を聞けるチャンスがあります。

もちろん、この他にも方法もありますが、情報収集という観点で、じっくり準備にとりかかるのがいいです。では、もう少し、金融業界の現状などを見て行きましょう。現在、金融機関においては、業界内の競争激化が目立ちます。銀行を始めとして、各種の金融機関が統合や合併を行っているのもそのためです。競争力強化のために、システム開発に積極的となっています。ですから、金融系という業界におけるシステムエンジニアの需要は大きいと言えます。金融系で本格的に働く前に、いくつか段階を経て転職する方法もあります。求人を見ても、金融に関する業務知識を有する方、あるいは実務の経験がある方を優遇、あるいはそれを条件としていることも多いです。ですから、例えば金融系の会社の子会社にまず就職し、そこでSE経験を積むというのも一つの手です。システム開発の企業は、いろいろな分野を取引先として抱えているので、うまく転職をすれば仕事をしつつ徐々にステップアップできます。

>>SEの転職サイト人気ランキングを見る<<

TOP

SEの主な転職先一覧

希望条件で求人を探す

SE転職お役立ち情報

年齢に応じた転職活動

地域別の求人事情

このサイトについて


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 SE転職サイト【※エンジニア転職成功の秘訣!】 All Rights Reserved.